小児矯正 - Pediatric correction -

小児矯正と成人矯正の違い

小児矯正

矯正歯科をされるにあたって、小児矯正と成人矯正に違いがあるのかと疑問に思う方もいらっしゃるでしょう。 小児矯正の特徴は、今後、成長が見込まれ顎の大きさやかみ合わせの場所が変わっていく可能性があることです。 また、生え変わりがありますので、子供の歯から大人の永久歯に置き換わることや12歳臼歯という奥歯がこれから生えるという状態という場合もあります。 ですので今後の成長予測や歯の生えるスペースがあるかどうかなどを考慮した初めの矯正治療が必要となります。場合によっては永久歯列になってからの矯正治療と2段階に分けて行うこともあります。 成人矯正では、歯周組織や虫歯の治療した状態により治療の方法が変わることもあり、お口の中全体をとらえた包括的な治療として考える必要があります。 さらに、審美性や発音など社会性なども考慮して治療計画を立てることになります。 費用や期間などにも違いがある場合もありますので、詳しくはお口の中を拝見してから治療計画などを説明させていただきます。

小児矯正の必要性について

小児期に行う矯正治療には成長による上下の顎大きさや位置関係のバランスを整えやすく、顎の成長バランスが良くない場合や前後的位置関係に問題があるようなかみ合わせでは成長期前の子どもの時から歯科矯正治療を開始した方が良いことがあります。 また、現代は10人に一人は永久歯の少ない人がいると言われており、その先天性欠如歯や埋伏歯などを早期に発見することが可能となるため、それに対応した早期治療をすることもできます。 さらに、指しゃぶりや口呼吸などの口腔周囲に関するいくつかの習癖などの成長に影響を与える機能的な問題を改善することにより、咀嚼機能や、発音についての発達を高めることが可能になります。 子どものときから矯正治療を始めることで、定期的なお口の管理ができ、むし歯や歯周病などの予防にも役立ちます。

小児矯正はいつから?開始時期について

大人や成長期後に行う永久歯列の歯列矯正と違い、小児矯正の場合にはどの時点で矯正歯科治療を開始するのが良いかという質問を多くいただきます。これにはどのようなタイプの不正咬合かということや現在の生え変わり状態やどれくらい成長が残っているかなど様々な条件により変わってきます。 これらの条件が重なり合って、現在の不正咬合になっているためその方によって矯正治療の開始時期は異なってきます。 早くから歯列矯正を行うことで、矯正治療の期間や治療のゴールも違ってくることもあります。お子様の矯正治療がいつからが適切なのか一度、歯列矯正の専門医まで見せていただけるといいでしょう。

小児矯正における審美的矯正法

大人の矯正治療では審美的矯正治療法である裏側からのリンガル矯正や透明な装置を使用したセラミック矯正が主流になっています。小児矯正では長らく金属のメタル矯正による矯正治療が行われていましたが、現在のセラミック矯正装置の素材の進化や改良によってメタル矯正と同等の効果を得られるようになっています。また、ティースアート矯正歯科で使用しているセラミック矯正の装置(ブラケット)は新しい素材である単結晶サファイアを使用しているため、丈夫でスムースな歯の動きに役立っています。よって、従来多く見られたスポーツによる衝撃や硬いものの摂取による破折などのセラミック装置の破損にも強くなっているだけでなく、小児矯正でも透明感のある目立たないブラケットで矯正歯科治療を行うことができます。

クリニックのご紹介

ティースアートの矯正歯科治療は
渋谷店と銀座店で治療を受けられます。