診療メニュー - MENU -

ティースアート矯正歯科
コンセプト

ティースアート矯正歯科(渋谷店・銀座店)では裏側からの見えない矯正をはじめ、歯と同じ色の目立たない表側からのセラミック矯正など、大人にも子供にも審美的治療法にて矯正治療を行います。
矯正治療により自分の歯で、きれいな歯並びとより良い噛み合わせを得ることができます。
矯正歯科医師の椿 丈二は毎年、国内および海外の各矯正歯科学会などで講演、発表を行い、最新の矯正歯科を提供しています。
2004年にはスペイン・バルセロナで行われたヨーロッパ舌側矯正歯科学会(ESLO)にて症例発表を行い、
日本では数少ないアクティブ・メンバーに選ばれました。

ティースアート矯正歯科の相談カウンセリング

初診相談では通常、主に問診票を使用してコンサルテーションを行います。ティースアート矯正歯科ではその中で「問診」と「医療面接」を使い分けることで、よりご相談にみえる方々の気持ちを大切に考えています。
時間をかけて丁寧にコンサルテーションを行うことで矯正治療に対する理解を深めていただければ幸いと考えています。

近年の傾向では小児期においてもリンガルブラケット矯正を選択することも多くなってきていることから、医療面接の中では本人の潜在的な意識だけでなく、保護者を含めた周りの希望を顕在化させるよう質問や面接をしていくことが必要です。また、運動や楽器の演奏など学校内外における活動への影響とその対応についてもあらかじめ説明いたします。
矯正治療に対することで何かお聞きになりたいことはどんなことでもご相談ください。

矯正歯科治療の診断と治療計画

矯正治療を行う上で、その患者さん個別の現況リストを作成し、改善点を明確にしたアプローチにより治療目標の設定をするためデータベースの作成を行うことは重要になります。
そのために各種の臨床診査による情報を収集することとなります。
矯正歯科治療としての診査および分析の中からその方にとって最も良い治療となるよう治療計画を立てていくことになります。また、患者さんの希望する治療方法と必要な治療法を様々な選択肢の中からより有効になるように治療方法を立案していきます。
それにより治療期間は個別に変わってきますし、治療へのご協力なども必要となります。診断の中でしっかりとお話しさせていただきますのでご理解いただきますようお願いします。

矯正歯科治療中の日常生活について

表側からの矯正治療、裏側からの矯正治療、また固定式の装置、取り外しが可能な装置と様々なタイプの矯正治療法がありますが、どの方法でも矯正歯科治療を開始すると日常生活において変化があります。

・矯正装置をつけると、発音や食事がしづらいことがありますが、必ず慣れて通常通りに戻ります。取り外しが可能な装置では外せば通常通りになりますが、外す時間が長ければ、治療期間も長くなるのが一般的ですので、歯を移動するために矯正力をかける時間は同様に必要となります。裏側からの矯正では舌が、表側からの矯正では唇が触るので初めは発音しにくい時期もありますが、徐々に慣れてくるので日常生活に支障はありません。

・矯正治療中のスポーツや楽器の演奏については種類により対応は違ってきます。スポーツによってはマウスガードの着用を義務つけられている競技もありますので、詳しくは「院長のコラム」にある「歯列矯正中もスポーツ用マウスガードを」をご参照ください。楽器の演奏に特に制限はありませんが、装置の装着時期などは発表会の時期と一致しない方が良いでしょう。

・矯正治療中に妊娠された場合には、レントゲン撮影は避けるようにするため早めにご報告いただけるといいでしょう。妊娠性の歯肉炎になりやすいためいつも以上の口腔衛生に気を配る必要はあります。また歯肉炎の状態によっては専門医による診察が必要となることもありますので、ご相談ください。矯正歯科治療については通常通りの通院をしていただきますが、出産後は3~5カ月くらいそのまま中断することもありますので、矯正治療の期間がやや長くなることをご理解ください。より良い健康状態を保っていただくことが優先になります。