よくある質問 - QUESTION -

 矯正歯科治療の期間は、その方のかみ合わせや歯並びの状態、年齢や成長によっても変わってきますので、個人差はあります。しかし、総論として動的治療期間という矯正装置を装着してから装置を外すまでの歯を動かす治療期間は、1年半~2年半くらいを目安にしていただくといいでしょう。歯並びの状態による治療期間の違いについては、歯が出ているかどうかを示す上下の歯の前後関係や、かみ合わせの深さを示す垂直的位置関係、さらにその方の症状の程度・難易度のほか、重なり具合などを総合的に判断することで、予測される治療期間が決まってきます。

 矯正歯科治療の期間は、かみ合わせの状態のほかにも、治療を開始する年齢や歯の生え変わり具合によっても変わってきます。混合歯列期といわれる大人の歯が生えそろう永久歯列の完成前の乳歯と永久歯の混在した時期に開始する矯正歯科治療では、骨格的な要素も含めての矯正治療では一般的に治療期間が長くなる傾向にありますし、永久歯の前歯のみの矯正治療では比較的に短期間で終了できる傾向が見られます。つまり、成長を考慮した矯正歯科治療は成長期が終了するまで継時的な骨格の変化を考慮していく必要となることが期間の長くなる傾向の要因となっています。

 さらに、使用する矯正装置の特徴を生かすように治療方法を選択することも重要になります。叢生という、歯の重なりが多い場合に、治療の初期に重なりが改善されやすい矯正装置を選択することや、前歯をたくさん後ろに下げたい場合に、アンカースクリューというデバイスを使用スクリューなど、その治療法に合った矯正装置を選択することは、スムースに治療を行なうための要因となります。このような様々な治療法の提案を考えて治療計画を立てることは治療期間にも影響します。 また、治療期間については、抜歯矯正か非抜歯矯正かという治療方針によっても変わりますし、歯を支えている歯槽骨という骨や歯肉の状態などのお口の中の環境によっても個人差がありますので、初診・相談カウンセリングの中でよくお話を聞いていただくといいでしょう。






その他のお問合せはメールでもお待ちしております。
ティースアート矯正歯科では生活スタイルに合わせて、様々なタイプの歯列矯正をご用意しています。
お気軽にご相談ください。