裏側矯正の特徴 - LINGUAL -

裏側矯正の特徴

1、裏側矯正=舌側矯正装置の装着までの期間について

裏側矯正の正式な名称はリンガルブラケット矯正法といい、舌側矯正ともいわれます。
歯の裏側というのは表側の形態とは違って、個人差が大きく複雑な形をしています。
そのため、矯正器具をそのまま歯に接着させるのではなく、その方の歯の裏側の形に合わせてそれぞれ個別の装置を作製する必要があります。
製作日数は装置によって変わってきますが、厚生労働省の認可のある矯正器具で、日本国内で許可された製作物として矯正装置が完成するまでに現在、
おおよそ3週間以上の期間がかかっています。
しかし、安全で正確な個人別の歯科矯正器具を使用するためには必要な期間と考えていただきたいと思います。

2、裏側矯正の装置と発音について

裏側矯正には表から全く見えないという最大のメリットがあります。
しかし、デメリットもあります。最も気になるのは発音になるでしょう。日本舌側矯正歯科学会が以前に調査したところによると、
発音をしにくくなる矯正器具の場所は下顎の奥歯ということがわかっています。
平均2週間くらいで発音は通常通りになりますが、お仕事上で正確な発音を求められる職業の方などには、
発音に慣れるにしたがって徐々に奥歯へと矯正器具を増やしていくような工夫もして、臨床を行うことが可能です。
はじめは話しにくいこともありますが、慣れによって通常通りになります。また、矯正装置を装着するタイミングを計りながら、予定を計画的に立てていくといいでしょう。

3、裏側矯正の学会認定医について

裏側矯正=舌側矯正の治療は特徴的で、表側の歯列矯正とは治療の仕方や機序が大きく異なっています。
そのため、一般的には表側よりも治療が難しいとされております。裏側からの矯正歯科治療を研究し正しい舌側矯正歯科治療の普及を目的とした日本舌側矯正歯科学会では
認定医制度を設けており、学会の認定試験により知識と技量が一定の基準以上の矯正歯科医師と認めた場合には舌側矯正認定医としております。
日本舌側矯正歯科学会の認定医制度は基準が厳しく設定されており、認定医の人数も限られているのが現状となっています。

4、世界における裏側矯正の事情

舌側矯正は英語でLingual Orthodonticsと表記され、各国で矯正歯科臨床が行われています。
まだ、全ての国々で裏側からのリンガルブラケット矯正法が行われているわけではなく、
さらにしっかりと組織的に矯正歯科治療が教育され、臨床として行われているとなるとかなり限定的になるのが現状です。
積極的に日本舌側矯正歯科学会としても正しく良質な医療としてのLingual Orthodonticsを広めるため対外的な活動を行っていますが、現状として裏側からの矯正治療を良く行っている国は、アジアでは日本、韓国がとなり、台湾でも近年行われるようになってきました。
ヨーロッパでは比較的広く行われていますが、フランス、ドイツ、イタリア、イギリスが中心でスイス、ギリシャ、スペインなどでも行われるようになってきました。
アメリカではあまり裏側からの矯正治療に需要がないようで広まっているとは言えません。
ヨーロッパでは欧州舌側矯正歯科学会(ESLO)という組織がアクティブメンバー制度を設けており、裏側からの矯正歯科の正しい普及に努めています。

5、ハーフリンガル矯正とは?

日本舌側矯正歯科学会では上の歯列には
裏側からのリンガルブラケット矯正を、また下の歯列には表側からの矯正治療を行う方法を「ハーフリンガル矯正」という名称を使用しております。
この方法で歯列矯正を行っていくメリットはについて説明します。
まず、笑ったりお話したりして、よく見えるのは上の歯列になりますので、裏側からの舌側矯正であれば周りの人から矯正器具が見えることを気にする必要はありません。
さらに上の唇が装置に当たることはありません。また、下の歯列は表側のセラミック矯正を選択すれば、目立たなく審美的にも問題ありません。
しかも、舌が装置に当たることがとても少なくなり発音にも影響は初めからありません。費用的には表側からと裏側からの矯正治療の中間くらいいなるのが一般的です。

6、裏側矯正とホワイトニング

裏側矯正の利点は人から見えない矯正治療であることだけではなく、表側のエナメル質には矯正装置がつかないため表面がとてもきれいな状態であることでもあります。
虫歯などになりにくいだけではなく、矯正治療を受けながら歯を白くするホワイトニングも行うことが可能です。つまり歯並びをきれいにしながら、歯の色もきれいにすることができるのです。
世界基準で考えると、まだまだ日本人の歯並びと歯の色については上級者とは言えず、もっときれいにすることはできます。
現在の日本では成人になってから矯正治療を始める方も多く、裏側からの見えない矯正治療とホワイトニングはそのような方々に合った矯正方法と言えます。マウスピース型のアライナー矯正でもホワイトニングは可能ですが、多くの場合アタッチメントという表側に白色もしくは歯の色と同じ素材で凸型の引っかかりを接着して治療をしていくため、ホワイトニングをするとその部分だけ色が残ってしまう場合がありますのでホワイトニング前にご相談ください。

クリニックのご紹介

渋谷のティースアートの矯正治療は
渋谷駅徒歩2分で駐車場も完備しております。